「事後避妊薬」を調査

catharsis

より安全で効果的な避妊を実現するためにも、アフターピルの基本的知識を勉強しておく事が転ばぬ先の杖となります。日々常用する低容量ピルとは違い、含んでいるホルモン成分が多い中容量ピルであるアフターピルは、その分即効性が強いものとなっています。それだけに一部では低容量ピルよりも強い副作用なども発生する事があるという点に気をつけておきましょう。人工的に月経を引き起こし、女性を妊娠しにくい状態へと体質変化させるのがアフターピルですので、それに伴い頭痛や吐き気といった副作用が現れてくるのです。現在主流のアフターピルには2種類があり、副作用の強いプラノバールというタイプと、副作用の弱いノルレボという薬です。単純比較なら副作用が低いノルレボが優れたアフターピルなのですが、プラノバールに比べると高価となっている点がネックなのです。飲み方はプラノバールが性行為後72時間以内に2錠を一回服用し、その12時間後に再び2錠服用と、2度の服用を必要としているのです。それに対しノルレボは同じように性行為後72時間以内に一回で2錠服用するのみで避妊効果を発揮する事ができるので、より快適な避妊を求めるのであればノルレボがオススメだと言えます。どちらも緊急用の避妊薬ですので、毎日服用する低容量ピルよりはやや避妊率が低いという事を覚悟しておきましょう。それでもトラブルが起こった時には少しでも妊娠を回避できる手段としてアフターピルは有効ですので、さまざまな知識を知っておいて安全かつ効果的な利用ができるように備えておくと良いでしょう。